埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター 埼玉県立小児医療センター

埼玉県立小児医療センター

Saitama Children's Medical Center | 2016

友達のように愛され、発展していくアートワーク。病院全体のイメージプロデュースに寄与するオリジナルストーリーとキャラクターを創り出しました

Task プロジェクトの課題

埼玉県立小児医療センターとさいたま赤十字病院はともに201612月にオープンした。医療連携を行うことで周産期医療や救命救急医療の充実をはかり、あらゆる世代の県民に対して高度な医療を提供することが期待された。

Solution アートプレイスの提案

本病院におけるアートワークでは、スタッフや親、友人とのコミュニケーションのきっかけを患者に提供すること、また「安らぎ」と「活力」をあたえられる環境づくりを目指した。

Works 作品

病院オリジナルのストーリーとキャラクター

アーティスト: tupera tupera

本病院のアートワークは、旧病院(蓮田)の屋外に設置された「カリヨン」とその奏でる「音楽」が、長年患者やスタッフを励まし、愛されてきたという逸話を土台にしている。新病院にカリヨンと音楽を継承すべく、これらを軸としたオリジナル・ストーリー『カリヨンの樹』をtupera tuperaに制作してもらった。新病院を生命力あふれる大きな樹とみたて、安らぎと活力が満ちるようにと願いが込められている。
院内=カリヨンの樹には患者らが肩を並べ寄り添える、愛らしい8体のキャラクターが登場する。tupera tuperaが考案したキャラクターは、子どもたちと同様各々に強い個性をもち、お気に入りのキャラクターをみつけたり、友達のように話しかけたりすることで親しみが感じられるアートワークを目指した。

アートワーク以外への拡張

アーティスト: tupera tupera

キャラクターは、木彫やレリーフにて院内各所に登場するほか、院内サインや医療ガスのカバーに使用されるなど、院内環境に統一感をもたせるアイコンとしても機能する。サイン業者との調整のなかで、タウンアートは子どもたちに「見つける愉しみ」、「出会う愉しみ」を提供できるよう、数量や配置など総合的なデザイン監修をおこなった。他社の協力を得たことで、アートワークという枠組みに縛られず、病院全体のイメージプロデュースに寄与する結果となった。

時を刻むアニメーション

アーティスト: tupera tupera + 埼玉県立三郷工業技術高校 有志生徒

本病院は、広大かつ細分化されており、時間感覚を失いやすい環境である。患者だけでなく、保護者やスタッフに時間経過、そのリズムを体感できるよう、各所に設置された院内掲示モニターにて、1時間に1回上映される映像作品を制作した。このアニメーション作品は、tupera tupera監修のもと埼玉県立三郷工業技術高等学校の生徒が制作した。

季節で移り変わるモニュメントペデストリアン・デッキ

アーティスト: 豊嶋敦史

日中は穢れのない純白の姿をしているが、日没後は照明によってさまざまな色に輝く。この照明は一定の間隔で演出が行われ、季節によってもその色が変化するようにプログラムされている。短期・長期で変化をもたらすことで、院内にアクティブなリズムをもたらすアートワークとなっている。

事業主 埼玉県
所在地 埼玉県さいたま市
アーティスト 海岸和輝、おもちゃのこまーむ、岸本真之、埼玉県立三郷工業技術高校、 tupera tupera、豊嶋敦史、野田奈津実、ビューティフルハミングバード(五十音順)
写真提供 杉山豪介(Gottingham)