九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス 九州大学 伊都キャンパス

九州大学 伊都キャンパス

Kyushu University, Ito Campus | 2006

九州大学の新キャンパス<伊都キャンパス>では、パブリックスペース・デザインのマスタープランに基づいて、アート導入が計画的に行われています

Task プロジェクトの課題

九州大学では、広大なキャンパスの建設計画に伴い、パブリックスペースにおけるデザインのマスタープランを策定した。アートもパブリックスペースを構成する大切な要素として取り上げられ、キャンパスにおけるパブリックアート導入が課題となった。

Solution アートプレイスの提案

長期におよぶ建設計画において、アートワークのマスタープランおよびマニュアルを作成しておくことにより、統一した考え方に基づいて、場と時代に即したアートワークの実現が可能となる。そこで、キャンパスにおけるパブリックアートの調査・傾向の分析を行い、本キャンパスにおけるアート計画の導入のマニュアルを策定した。
マスタープランに基づくアート計画の第一弾として、たほりつこによるランドスケープアートの他、講義棟のエントランス部分など屋内外にアートワークを設置。その後、他の講義棟にもマニュアルに基づき順次アートワークが導入されている。

Works 作品

グローバルな大学を目指す伊都キャンパスの作品

アーティスト: たほりつこ

東京と上海を結ぶ直線を作品の軸線として組み込み、ちょうど真ん中の地点に作品が設置されている。作品の間を通った時だけ聞こえる特別のスピーカーを設置しており、留学生参加により制作されたサウンドが、訪れる人にささやく。

事業主 国立大学法人 九州大学
所在地 福岡県福岡市
アーティスト たほりつこ