成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース 成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース

成田国際空港 第2ターミナル サテライト 到着コンコース

The arrival concourse in Satellite, Narita International Airport, Passenger Terminal2 | 2008

日本の玄関口である国際空港に、伝統的な「手わざ」をコンセプトとした力強く繊細なアートワークを設置、旅客の心に日本文化をアピールしています

Task プロジェクトの課題

日本の玄関口である国際空港、なかでも到着コンコースは海外から日本に降り立って初めて目にする空間である。従来、到着エリアは、入国手続きまで旅客をスムースに誘導することが重視され、簡素で何もない機能空間になっていた。しかしながら、世界的に航空需要が伸び、物・人の流通拠点として空港の重要性が高まるなかで、設備面の充実だけでなく、日本ならではの文化性の高い快適空間が求められるようになり、アートによる環境整備が計画された。

Solution アートプレイスの提案

「日本の手わざ」をコンセプトに、伝統工芸を現代に生かしたアートワークを展開した。
建築・美術などの諸領域を超えて日本の文化を支えてきた「手わざ」は、自然とともに生き、自然の素材を生活のなかにとりこみながら、巧みな技と美意識で、麗しい環境と文化を醸成してきた。日本人の感性と意匠を、本物の素材をもって表現する「手わざ」は、それが紡ぎだす繊細な表情と、素材がもつ力強さによって、言葉を超えて旅客の心に響き、外国人は日本への期待感と関心を高め、日本人は安堵感とともに日本を誇りに思うきっかけとなるだろう。

Works 作品

日本の手わざ

アーティスト: 狩野笑雲()、金子忠雄()、五十嵐清()、三苫茂美()、山本英明()、番浦鴻藏(蒔絵)、岩永浩(磁器)、笠間志保(金箔)、松井通仁()、松崎勝美()、吉岡幸雄(光屏風)

日本の伝統文化に造詣の深い染織史家・吉岡幸雄氏をアートディレクターに起用し、漆・蒔絵といった工芸的なものから竹・瓦・漆喰など、古くから伝わる職人の手わざを、12点のアートワークとして設置した。

事業主 成田国際空港株式会社
所在地 千葉県成田市
設計デザイン アートディレクション:吉岡幸雄
アーティスト 狩野笑雲()、金子忠雄()、五十嵐清()、三苫茂美()、山本英明()、番浦鴻藏(蒔絵)、岩永浩(磁器)、笠間志保(金箔)、松井通仁()、松崎勝美()、吉岡幸雄(光屏風)
写真提供 フォワードストローク
詳細リンク https://www.narita-airport.jp/jp/fun/art_promenade/#tab-2