株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス 株式会社イトーキ | 名古屋オフィス

株式会社イトーキ | 名古屋オフィス

ITOKI Corporation Nagoya Office | 2023

リニューアルした新たなスタジオに、アーティストWOK22による上昇志向のエネルギーを感じる壁画アートが完成しました。

Task プロジェクトの課題

20241月、株式会社イトーキ「名古屋オフィス」がリニューアルされた。
バージョンアップしたこれからのワークスタイルを実践するオフィスの合言葉は『 Try Try Try 』。
オフィス半分のエリアを〝STUDIO〟とし、ワーカーが自由にワークスタイルを創造・アレンジしながら、新たな働き方に挑戦できるスペースを構築した。
大通りのガラス越しに良く見えるSTUDIOの壁面に、未来に向けてエネルギッシュに変化していく姿をあらわすアート作品が期待された。

Solution アートプレイスの提案

オフィスは大通りに面するビルの1Fにあり、歩道を行きかう人々からも良く見える壁画になるため、視認性が高く、インパクトのある表現を実現できるアーティストを起用した。名古屋にゆかりのあるアーティストが描く壁画により、地元らしさもありながら、オフィス全体の活気やワーカーのエンゲージメントを高められるアートプランをおこなった。アイディアの選定プロセスにワーカーも参画し「自分たちのアート」という意識を醸成でき、居心地の良いワークプレイスを創りあげていくことができた。

Works 作品

壁画《BEYONDスタジオ

アーティスト: WOK22

鮮やかな濃桃色のラインが社内へといざなう。「飛躍」「成長」「挑戦」をテーマに、様々な長さや太さにリサイズしたITOKI ロゴマークの9本のラインは、上昇的気流と個々のワーカーの個性や多様性を表現している。WOK22が数年描き続けている、触手と雲のミックスのモチーフは力強さや団結力を表現し、大きな百合の花がひらく。誰もが知っているようで実は知らない名古屋市の花が百合であるように、誰もが感じたことがあるようで感じたことがないオフィス空間のあり方を今後も展開してほしいという願いが込められている。また白い円形は「全体の空白」「心のゆとり」を表わしており、忙しい仕事の合間の心のゆとりの中から、新しい発見や発想を生み出し、未来に繋いでほしいという期待が込められている。


BEYOND》 

制作年度 2023
水性塗料
3,000×6,475mm

事業主株式会社イトーキ
所在地愛知県名古屋市
設計デザイン株式会社イトーキ
アーティストWOK22